2018年度の活動

     

「2018年度幹事会」「学習講演会」開催(2018年4月25日)

●幹事会
フォレスト仙台2階第5会議室において2018年度幹事会を開催しました。各構成団体から代表者の他、部会メンバーや事務局など24人が参加しました。 はじめに、野崎和夫座長(宮城県生協連専務理事)の開会挨拶後、座長を議長に議事に入り、第1号議案「2017年度活動報告」、第2号議案「2018年度活動計画」、第3号議案「座長、副座長、事務局長の任命」について、一括して加藤房子事務局長(宮城県生協連常務理事)から提案があり全議案が承認されました。 その後、各構成団体から活動内容やこれからの取り組みについての報告や意見交換などが行われました。行政との意見交換会、学習会開催について検討しました。
なお監事会に先だち、学習講演会を行ないました。
●学習講演会
テーマ「成年年齢引き下げで起きる問題~現状とこれからの対応等」
講師:千葉晃平弁護士(仙台弁護士会)
今国会において「民法の一部を改正する法律案」が提出されたことに関連して、問題点や対策の必要性の説明がありました。
未成年取消権があることで18・19歳の未成年者の消費者被害が防げている事、国民に対する十分な理解が行われていないこと、未成年取消権同等の法規制の必要性などについて、法案可決後の運動の重要性についてお話いただきました。


「第1回食品の安全行政・消費者行政合同部会」(2018年6月22日)

仙台市担当者との情報交流を目的に合同部会を開催し、各構成団体から部会メンバー、理事や職員など25人が参加しました。
はじめに仙台市の安全な食品が供給されるための取り組みについて、平成30年度版「食の情報館」に基づき①食品関係営業施設の監視指導②食品等の検査③食中毒の発生状況④仙台市食品の安全性確保に関する基本方針⑤平成30年度仙台市食品衛生監視指導計画の5つの重点事業について報告がありました。また「食品衛生法等の一部を改正する法律」が613日に公布されたことを受け、HACCPに沿った衛生管理の制度化と営業許可制度の見直し、営業届出制度の創設に関しての説明があり、仙台市独自のHACCPの手法を用いた自主衛生管理を段階的に評価する「仙台HACCP」の制度内容についてもお話いただきました。
続いて、仙台市の消費者被害の現状や未然防止のための取り組みについてあり、平成29年度消費生活相談は80歳以上の方からの相談が増加しており、訪問販売や電話勧誘販売の契約トラブルが多くなっていることの報告がありました。高齢者の消費者被害未然防止に対応するため「悪質な訪問販売お断り!」ステッカー及びリーフレットの配付を実施、今後市内34ヵ所でのステッカー配付や、学習会開催のお知らせがありました。  
質疑応答のあと情報交流を行い、参加者から各所属団体の取り組みについて報告がありました。みやぎ生協からHACCP制度化に向けた状況報告や2018年度のメンバーの消費者力向上のための取り組みの紹介、生協あいコープみやぎから食品の安全に向けた取り組みや遺伝子組み換えナタネの宮城県内での交雑の調査を実施していることの報告がありました。

 [仙台市の担当者]
仙台市健康福祉局保健所生活衛生課 課長 山本均様
仙台市健康福祉局保健所生活衛生課食品衛生係 係長  佐藤晴彦様
仙台市市民局生活安全安心部消費生活センター  所長 櫻井浩様
仙台市市民局生活安全安心部消費生活係 係長 藤田陽子様 








学習会「認知症になったら財産はどうなるの?そんな不安を法的に支える制度があります」(2018年8月22日)

消費者懇主催の学習会「認知症になったら財産はどうなるの?そんな不安を法的に支える制度があります」を開催し、消費者懇構成団体や一般市民など112人が参加しました。
NPO法人宮城福祉オンブズネット「エール」の理事長としてもご活躍中の大橋洋介弁護士(仙台弁護士会)を講師に学習しました。 認知症や身体障害があると、自分の考えを表現できなかったり、意思決定が難しかったりします。そのような方々が消費者被害に巻き込まれたことについて実体験に基づき、実例を交えながらお話されました。成年後見制度は精神上の障害(知的障害、精神障害、認知症など)により判断能力が十分でない方が、不利益を被らないように家庭裁判所に申立てをして、その方を援助してくれる人を付けてもらう制度です。たとえば、一人暮らしの老人が悪質な訪問販売員に騙されて高額な商品を買わされた場合も、成年後見制度を上手に利用することによって被害を防ぐことができる場合があります。成年後見人等には取消権があるので、本人が詐欺などにあっても契約を取り消せることから、消費者トラブルの防止にもつながります。 成年後見制度により、後見人が生活全般にかかる必要な意志決定を代行することで、今後の生活を「普通」に送れることができることということが理解するできました。